20~30代の東京の社会人サークル 【大卒男性多数!】

社会人サークル DOPA(ドーパ)
運営者 | 個人情報保護方針
  1. 社会人サークル DOPA
  2. 30代女性へのメッセージ

30代女性へのメッセージ

「20代女性へのメッセージ」はこちら

社会人サークル ドーパは、友達づくりや楽しむためにも利用できますが、ここでは「婚活」をテーマにして、30代の女性にアドバイスをしたいと思います。

※人に関することのため、個人差や例外はございます。また、正確性や一般性を追求していますが、スタッフ個人の意見も含まれます。

【結論】

結論から言いますと、「出会いは確率論」ですので、1カ月に1~2回くらいのペースで、ドーパや他のイベントに数回は参加してみて下さい。 出会いの場に定期的に出て、あなたのことを気にってくれる男性と知り合うきっかけを自ら作ることは最低限必要と思われます。

なお、ドーパを運営して約3年になりますが、スタッフの耳に入ってくるだけでも、実際にドーパで知り合ってご結婚されたという方が数名いらっしゃいます。 おそらく、この約10倍はご結婚されているのではないかと思われます。そのため、お付き合いまで進んだ方は、更にその数倍はあると推測しています。

こちらの「会員のうれしい声」もご参考下さい(全て実際に頂いた感想です)。 ⇒ 会員のうれしい声

以下は、婚活をテーマにしたアドバイスです。

【要約】

【1】 まずは正しい現実を知り、婚活への心構えを本気にすることが大切です。

1.1 30代女性の未婚率の現実

現実を正しく理解できれば、それだけ賢明な判断や心構えができます。そこで、2010年度の国勢調査のデータから得られる次の結果をまずはご覧ください。

【女性】

  • 30~34歳の未婚女性が、5年間のうちに結婚できる確率は、未婚女性のうち31%です。(未婚女性の3人に1人だけです)
  • 35~39歳の未婚女性が、5年間のうちに結婚できる確率は、未婚女性のうち11%です。(未婚女性の10人に1人だけです)

※こちらの記事が詳しいです。 ⇒ 2010年国勢調査に基づく未婚率データ


スタッフも驚きの事実ですが、国勢調査のデータに基づいていますので、これが実態です。まずは、この事実を知ることが大切だと思います。なお、男性に関してもほぼ同様な結果が出ています。

そのため、30代になってもまだ婚活に対して成り行き任せの気持ちがあるならば、ちょっとまずいと思います。気持ちを入れ替える必要があるでしょう。お友達にもぜひ教えてあげて下さい。

しかし、ご安心ください。上記のデータは、このような事実を知らずに、30代になっても本気で行動をしない女性が大半のためです。

この現実を知ったあなたは、ドーパのような社会人サークルなどで交流の機会を継続的に持つことで、より良い方向に変えることができます!

今すぐ会員登録!

1.2 40代未婚女性の本音:「良い男性はみんな結婚している!」

未婚女性に対して結婚に関するアンケートをしたところ、40代未婚女性の後悔は、「良いと思う男性はみんな結婚している」の一言に集約されていました。40代になって、その事実に気付かされたということです。

そのため、30代で仕事をバリバリしている女性も、ぜひプライベートにも力を入れて、社会人サークルなどで出会いの機会を増やした方が良いでしょう。40代では、周りに素敵な独身男性を見つけるのはかなり困難だとのことです。

1.3 「生涯未婚でも良いかな」と考えている女性へ

結婚するかしないかの最終的な判断は、本人が自由に決めてよい問題です。ただ、「生涯未婚でも良いかな」と安易に考えている女性は、40代50代になった時の生活も想像してみて下さい。

一般的に、40代50代の女性にアプローチしてくる男性はかなり限られてきます。そのため、仕事から帰っても一人だけで部屋で過ごす生活は相当な寂しさがあるのではないでしょうか。

さらに、60代70代になり、両親がいなくなればいよいよ一人ぼっちです。マザーテレサは言っています。

「この世の最大の不幸は、貧しさや病ではありません。だれからも自分は必要とされていない、と感じることです。」


つまり、ここまで考えて「生涯未婚でも良い」と決断したのかどうかが大切です。このように考えると、断られるかもしれないリスクを冒して果敢にアプローチしてくる男性の価値にも少し気付いて頂けるのではないでしょうか。

ペアダンスではありませんが、男性が勇気を持ってリードしてきたら、女性も上手にフォローするという姿勢も昨今では大切だと思います。

リードの仕方が分からない草食系男子が増えているようですが、同時に、もしかしたら女性としての正しいフォローをしらない「フォロー下手な女性」も増えてきているのかもしれません。彼氏ができにくい女性は、この辺も少し考えてみてはいかがでしょうか。

そんな女性に良い本があります。これはスタッフも目を通しましたが良本です。これ一冊読めば、他の中身の薄い恋愛指南本は必要ないと思います。
⇒ 「愛させる技術

社会人サークルで仲良くなった二人

【2】 どうしたら自分のタイプの男性と結婚できるのか?

現代の30代前半の女性は、20代に見えるような若い方が増えています。しかし、女優でさえもその美貌を保てるのは30代半ばくらいまでです。そのため、30代の婚活は、20代の頃とは気持ちを切り替えることが必要です。

ゆっくりやるよりも、半ば義務的にでも出会いの機会を増やしましょう。

出会いは確率論ですから、例えば通常の5倍の出会いの機会があれば、同じ成果を得るための時間は1/5で済みます!

2.1 基本的には、出会いの機会を大幅に増やすのが定石です。

まず初めに、「出会いは確率論です」。そのため、1カ月に3人の新しい男性と知り合うのと、15人の新しい男性に知り合うのとでは、同じ成果を得るのにかかる時間はざっと5倍も違ってきます。

したがって、好みのタイプの男性と結婚したいならば、「出会いの機会を高める」のが定石です。そして、男性からのアプローチを大事にしましょう。

「大事にする」というのは、嫌いなタイプでないならば、男性からメールが来たらちゃんと返事を返すということです。

誠実だけれども奥手な男性というのは、初対面で気に入った女性にメールを送り、その返事が返って来ないと、拒否されたと感じます。「これ以上メールを送るのは相手に迷惑をかけてしまう」と考えます。

この辺は、女性に慣れている男性と、そうでない男性で全く受け取り方が違いますので、女性もよく見極めた方が良いでしょう。

それでは、「出会いの機会を高めるために具体的にどうしたらよいか?」について、以下で説明いたします。

2.2 年下の男性も対象にしましょう。

なぜなら、例えば、あなたが32才だとします。その場合、同年代で魅力的な男性は既に結婚し始めています。そのため、30代の男性は、40代に近づくにつれて次の二つのタイプに二極化していくと思われます。

  1. 魅力的でありいつでも結婚できるためにもう少し自由でいたい男性。(ただし、このタイプの男性はほんの一握りです。また、そのような男性をゲットするのは簡単ではありません。)
  2. 結婚したいが、なかなかうまくいかない男性。

そのため、30代になったら年下の男性も対象にしませんと、チャンスが大きく減ります。

2.3 周囲のお友達(その他、両親,兄弟,親戚など)に「良い人がいたら紹介して♪」と伝えてみましょう。

ご自身から周囲の人に「良い人がいたら紹介して♪」と素直に伝えてみるのも一つの方法です。

これは現在の未婚率を見ると、恥ずかしいことでも何でもありません。無料で、しかも半ば自動的に良い話が入ってくる可能性があるならば、やらない手はありません。

特におばさま方は、「どこどこの息子が結婚していない」などの話をよく知っていますし、あなたのことを大事に考えてくれる友達もいるはずです。

したがって、「出会いの確率を高める」という観点から、お金もかからず、それでいて良い情報が入ってくるこの方法を試してみる価値はあります。

2.4 ドーパに月1~2回のペースで5回以上は参加してみて下さい。

一般的に、社会人サークルやお見合いパーティーに1回の参加で恋人ができるほうがまれでしょう。そのため、ドーパのような社会人サークルにも5回以上は継続して参加してみてから判断することをお勧めします。

女性は5回参加しても1.5万円ほどです。ドーパでは女性の参加費は非常に安くしています。美容院に1回行くほどの値段で飲食と交流が5回もできるなど、まさに女性にとっては天国だと言いたいほど、価格面で頑張っています。こういったチャンスは最大限に活用して下さい。

2.5 以下の「なかなか恋人ができない女性へのアドバイス」を実行してみて下さい。

  1. 一般的に、女性は、特定の男性と一緒にいる時間や、会う回数が多くなるほど相手の男性に対して好感を持つ傾向があります。一方で、男性は、女性と知り合った初期の頃に気持ちが高まる傾向があります。

    そのため、女性であるあなたが、交流パーティーで初めて会った男性を素敵だと感じた場合は、客観的に見ると、あなたよりもその男性の方が魅力度が高いかもしれません。そのため、交流パーティーでパッと会って、あなたが「素敵だ」と思った男性しかメールの返事をしないならば、おそらくなかなかうまくいかないでしょう。このような傾向がある女性は、もう少し男性に広くチャンスを与えた方が良いと思います。自らチャンスを減らしているかもしれません。

    ※もちろん、誠実そうで無い男性にまで、無理してチャンスを広げるという意味ではありません。
  2. 交流パーティーで連絡先を交換して、その後に男性からメールが来たにも関わらず、メールの返事をしない女性もチャンスを減らしています。

    一般的に、高学歴で礼儀正しい男性ほど、相手に対して気を遣います。そのような男性が、相手の女性にメールをして連絡が返って来なければ、自分のメールは迷惑だったか、自分には全く興味を持ってくれていないのだと感じるでしょう。
    オラオラ系の男性はそのようなことはお構いなしに、それでも何回も連絡をしてくるかもしれませんが、そう言った男性は、(一概には言えませんが)逆に付き合った後に配慮に欠ける場合が少なくないなどの欠点があったりします。

    つまり、礼儀正しい男性とオラオラ系の男性では、それぞれ良い面、悪い面があるため、そういう特性の違いを理解して見極めて対応するのが良いかと思います。
  3. 交流パーティーに参加しても、男性からなかなか連絡先を聞かれないという女性は、まずはブスッとした表情や不幸そうな表情をしていないかを一度鏡で確認してみて下さい。普段そういう表情が多い方は、意識して自然な笑顔を作れるように練習すると良いでしょう。一方で、普段の表情は明るくて問題ないということならば、年上の男性に狙いを定めるという考えがあります。一般的に、男性は、自分よりも年下の女性に対しては「かわいい」と感じる傾向があるためです。
  4. ドーパに5回くらい参加したけれども男性からの手ごたえをあまり感じなかったという女性は、結婚情報サービスを利用してみるのも一つの方法です。ただ、結婚情報サービスは年間費用が20~30万円で、成婚率は約10%程度と聞きますので、やはりドーパのような価格がとても安いイベントに何回か参加して、それでもいまいちうまくいかなかった場合に、結婚情報サービスを利用するというのが合理的だと思います。

    ただ、30代の婚活は時間との勝負だと思いますので、あまりダラダラやらずに、初めの1~2年間はイベントや合コンや知り合いからの紹介で出会いの機会を増やして、それであまり脈が無いならば、33才を過ぎたら結婚情報サービスを検討して見るくらいの勢いと覚悟が必要かと思います。もしかしたら、33才でも遅いかもしれません。

    以上、ご参考になれば幸いです。ドーパは女性の見方です。

※お友達や後輩・先輩のためにも、ぜひ上記のことを教えてあげて下さい。

社会人サークルで知り合った仲間のお祝い
社会人サークル サービス内容/料金
社会人サークルに今すぐ無料登録

楽しい交流が待っています!
ぜひお気軽にご登録ください。

社会人サークルにログイン
メールアドレス: パスワード: 次回からメールアドレスの入力を省略


パスワードをお忘れの方はこちら

うまく会員登録ができない方
 
20代女性へのメッセージ

30代女性へのメッセージ

スタッフブログ

インフォメーション