東京で交流パーティーを開催!20代後半~30代の社会人サークル

社会人サークル DOPA(ドーパ)
運営主体 | 個人情報保護方針
  1. 社会人サークルTOP
  2. トピックス
  3. 料理合コンのメリット・デメリット

トピックス

2012年10月16日

料理合コンのメリット・デメリット

料理合コンは、男女が約2名~4名ずつ(計4~8名)が集まり、くじ引きなどで男女のペアを決めます。そして、ペアごとに大体1~2品ずつの料理を1時間ほどかけて作ります。

その後に、参加者全員でそれぞれの料理を持ち寄り、1時間近く歓談を楽しみながら会食形式で料理を食べて交流を深めるという婚活サービスです。
仲良くなれば、自由に連絡先の交換もできます。

それでは、料理合コンのメリット・デメリットについてご説明します。

■料理合コンのメリット

料理合コンのメリットは、何と言っても、一つの料理を男女ペアで共同で作るという「共同作業」が含まれる点でしょう。この特徴は、他の婚活サービスには無いものです。

また、少人数であるという点も見方によってはメリットかもしれません。人数が多すぎると、人はどの異性に狙いを定めるべきか分からなくなる傾向があります。また、あまり多くの人と一度に知り合っても、後で顔と名前が一致しないなど忘れがちになります。

その点、少人数で共同作業をするというのは、お互いに親近感も生まれるでしょうし、会話だけでは分からない相手の本質も垣間見えるかもしれません。

ただし、少人数で、かつ男女ペアで料理を1時間作るというのは、運が悪いと大きなデメリットになります。

■料理合コンのデメリット

1回の参加者が計6~8名ほどのため、気に入るタイプの異性がくる可能性は低いでしょう。そのため、「いいな」と思う人が1人でも来れば、かなり当たりと言えるのではないでしょうか。

人数が少ないため、参加者の初めの顔合わせの瞬間にハズレと思うかもしれません。しかし、会場に行ってからのドタキャンはさすがにできません。(^^;)

また、料理合コンの料金は、社会人サークルの参加費よりも男女ともにおよそ2000円ほど高いです。
例えば、料理合コン大手のA社では、「男性:7000円、女性:6500円」、または「男性:9500円、女性:3900円」となっています。
ハズレの可能性が高いにも関わらず、料金が高いのは結構なリスクだと思います。

ただし、婚活では「出会いの機会を増やす」ことが王道のため、選択肢の一つとして考えるくらいが良いかもしれません。

自画自賛になってしまいますが、ドーパスタッフの個人的意見としては、料理合コンに参加するならば、ドーパに2回参加した方がずっとチャンスが高いと思います。そのため、まだドーパに参加したことが無い方はぜひ一度参加してみて下さい。 丁寧な対応でお待ちしております。(^^)

「トピックス」に戻る

インフォメーション
社会人サークルに今すぐ無料登録

楽しい交流が待っています!
ぜひお気軽にご登録ください。

社会人サークルにログイン
メールアドレス: パスワード: 次回からメールアドレスの入力を省略


パスワードをお忘れの方はこちら

うまく会員登録ができない方
 
20代女性へのメッセージ

30代女性へのメッセージ

スタッフブログ

インフォメーション